Maxi in 大分!

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡城址

<<   作成日時 : 2009/08/09 13:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


竹田の町から山を登ったところにある、岡城。

少年・瀧廉太郎がよく遊びに出かけ、のちに荒城の月を作曲する着想をえたとされる城です。

まず、下の写真は、大手門に続く階段のふもとからの眺め。

画像


ここからでは、まったく城の全貌が分からないです。

階段を登ると、そこが大手門。 写真は逆光で分かりにくいですが。

画像


門を入ると、「本丸まで350メートル」の標識が立っています。

画像


岡城の敷地は広大です。公式HPによると100万平米。
熊本城と同等の広さです。

唐津の名護屋城は、秀吉が朝鮮出兵のため建てたものですが、総面積17万平米。
当時としては、大坂城に次ぐ規模だった、という話なのですから、
ずいぶんそれ以降の城は規模壮大となっていったのだなあ、戦乱も終わった後に・・
と不思議に思われます。

特にこの岡城に関しては、どうしてこんなに大きくする必要があったのかな、と首をかしげます。

画像


上の写真は、大手門を入り、西の丸御殿に背を向けて、一路本丸へと向かう道。
左手の壁が 朱印状倉跡、さらに家老屋敷の壁、と続いています。

岡城は、最初の起こりは12世紀、地元武将が逃亡する源義経を迎えようと築城したものと
伝えられています。(計画はかなわず、武将は群馬に流刑となった。)

その後、城は、大友家の分家・志賀家のものとなり、16世紀半ばの大友家と島津家の戦いの
数多くの舞台の一つとなったりした。

1593年、豊臣秀吉による大友家領地没収の時、志賀家も岡城から立ち退きとなる。
(大友宗麟の息子・大友吉統の朝鮮出兵敵前逃亡の仕置き。)

翌1594年、播磨から中川秀成(ひでしげ)が城主となり、以降、廃藩置県で廃城となるまで中川氏が居住する。
現在の城郭跡は、中川家の手で整備された城の形で1663年に完成したようです。

画像


三の丸城壁前に到着。上の写真、手前が三の丸、奥に見えるのが二の丸城壁。

三の丸入り口の太鼓櫓跡の横を通る。

画像


三の丸は、使者や小姓の間だったらしい。 三の丸跡。

画像


ここから、久住連山が眺められます。

画像


そして、左に目をやると、城の敷地の中の家老屋敷や普請方跡方面が望めます。

画像


さて、いよいよ二の丸に入り、本丸へ。

画像


現在は公園のようになっています。 お社もあります。

画像


城の建物が取り壊されたのは明治7年(1874年)。
瀧廉太郎が遊びに訪れていたのは、取り壊し後、20年ぐらい経った頃となります。
そのときは、今ほどはうっそうとしていなかったのでしょうか。
それとも、さほど変わらない様子だったのでしょうか。

天守閣跡から、左を見る。

画像


右を見る。

画像


この、下に見えている道路が、車で正確に時速60kmで走ると、「荒城の月」または「花」の曲が
聞こえてくる音楽道路になっています。 (どういう原理か知りませんが、面白いです。)

天守閣跡にいると、下から車が鳴らしていく荒城の月のメロディが響いて聞こえてきます。

何台か同時に通ると音が重なったり、速度を出しすぎているときれいに聞こえなかったりします。

今まで、何度か車で通ったことがあり、車の中にいる人にだけ聞こえてくるのかと思ったら
こんなに響き渡っていたんだ、ということを知りました。

ところで、どこをどう見渡しても、ここは山の中。

画像


こんな山中に、なぜここまで立派な城を? と分からないまま、城を後にしました。

往時の全景は、下の絵のようだったようです。

画像


明治政府は、城の維持費が膨大となるため、各地の城を払い下げや取り壊しとしたそうですが
そのような膨大な維持費を捻出できていた岡藩の財政力の源は何だったのだろうなあ、とこれまた不思議に思われます。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ほとんど人が写っていない風景は、ホントに人が少ないの?狙ったの?
人が少ないほうが趣がありますね。
ジガー2
2009/08/09 21:02
ジガー2さん、こんにちは。
ほんとに人が少なかったんです。驚きました。夏休み真っ盛りなのに。
お花見の季節は、桜の名所でにぎわうと聞いています。
maxi
2009/08/27 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
岡城址 Maxi in 大分!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる