Maxi in 大分!

アクセスカウンタ

zoom RSS 杵築の城下町

<<   作成日時 : 2009/07/20 16:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


城下カレイで有名な暘谷城から北東へ10kmほどの距離に、杵築城というお城があります。
大分空港のほど近くです。
ここの城下町が、石畳の多い風情ある町として、よく写真などを見る機会が多く、
一度訪れてみたいと思っていました。 ようやく行ってきました。

ここはたいそう素敵な場所です。
空港から近いということもあり、外国からのお客様を道中、観光にご案内するにも最適かもしれません。
武家屋敷を始めとする、古い町並みがよく残されています。

最初の写真が、城山のふもとからお城を背にして、武家屋敷町へと登る「勘定場の坂」。
この坂の上からまっすぐつらなるのが北台武家屋敷とよばれる並びです。

ピアノ教室を発見。 

画像


武家屋敷町のピアノ教室という響きは、なんとも文化的です。

この杵築の武家屋敷に限らず、暘谷も、そして長崎の島原でみた武家屋敷町も、
いずれも観光用になっている家もありますが、多く、人が住まい続けている町並みであることが
素敵だなと思います。

途中に藩校学習館跡があります。
門は現存しているもの。

画像


藩校の建物はなくなっていますが、模型をみるところ、たいそうな規模の様子。

画像


この北台武家屋敷の通りの終わり、左(南)への曲がり角からの眺めが、下の写真。
急な下り坂「酢屋の坂」があり、通りを挟んで向かい側には、急な上り坂「志保屋の坂」があります。

画像


画像


これは、ちょっと他では見たことがないような、すごい景色です。

もともとの地形がこのような南北二つの台地だったのか。
それにしても、この石畳の町の形は、時代が崩そうにも崩せないような立派な町のつくり。
誰がこの町のレイアウトを考えて、このように美しくつくったのか。

残念ながら、きつき城下町資料館を素通りしてしまったため、現地での情報収集をしてきませんでした。
ネットで調べれば分かるだろう、と気軽に考えていたのですが、
まったく分からず。 宿題を残してきてしまいました。

杵築城そのものは、14世紀に地元の有力者・木付氏が建てたそうです。
木付氏は、大友家の家臣で、大友家が豊臣秀吉に潰されたときに同時に滅亡。
杵築はその後、細川忠興の領有となり、小倉藩の一部となるが、
その後の細川領分割で、4万石の小藩として杵築藩が独立した。

では、いったいどの時代、誰の時代に、この美しい城下町はつくられたのだろうか?
わからぬまま、散策をつづけます。

さきほどの写真とは逆、南台の「志保屋の坂」から北を眺めたところです。

画像


こちら「志保屋の坂」をのぼったあとは「家老丁」という通りで、これも坂道なのですが
ここは車が通れるようになっています。 生活している人々の家があります。
 
画像


その左手、中根邸は、無料で見学できます。

画像


画像


画像


何気ない路地にも風情が。

画像


こちらは、一松邸からの眺望。

画像


川が流れ込むのが、杵築湾で、写真中央左の森の上に、小さく、杵築城が写っています。

こちら、石庭もある一松邸。

画像


町並み保存に力が入っていると思われるのは、こちら大分銀行の社宅。

画像


そして、こちら杵築市役所裏側です。

画像


個人的に気に入ったのは、こちらの杵築カトリック教会の建物。
白壁にいぶし色の瓦屋根が、町並みに調和しています。

画像


教会は、祈りをささげるために自由に中に入ることができます。
ステンドグラス、左手がキリスト様、右手がマリア様でした。

画像


天神坂を降りながら眺める、つらなる瓦屋根。

画像


商人の町並みも、白壁で統一です。

画像


こちらは綾部みそ というお店。
建物は江戸時代からですが、創業は明治とありました。
他にもそのようなお店があり、江戸の創業のお店は見かけられず。
ますます気になる、杵築の町の歴史です。

画像


綾部みその軒先にはツバメの巣があり、中くらいに育ちつつあるヒナが三羽、顔を出していました。
親ツバメたちが、目の前をヒューッと通り過ぎ、飛んでいきます。


杵築城の山にも登ってみました。
日本で一番小さな城といわれています。 現在の建物は、再建されたものです。

画像


お城の公園には、地域から集められた石塔群がありました。
国東半島に特徴的な国東塔など。
木漏れ日をあびて、静かなたたずまいでした。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
楽しく三連休を過ごしているようですね。
海の香りいっぱいの風を受けながらドライブができるなんてうらやましい!
遠く離れた大分の風景を想いうかべると、遠い昔に舞い戻った感覚に襲われました。
いつも安全運転で。これからも楽しい話を聞かせてください。
いえぴん
2009/07/20 19:01
いえぴんさん、初書き込みありがとうございます。
安全運転で、楽しい報告をこれからもしていきたいと思います。
maxi
2009/07/26 16:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
杵築の城下町 Maxi in 大分!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる